ExciteホームDropトップサイトマップ
HIP HOP/BREAKBEATS music Web Magazine
トップ レーベルリスト ブログ ニュース ムービー モバイル ショップ
DJ TONK BLOG 「My Underground Life」
トータルフットボールと体液の恒常性の維持について
トータルフットボールと体液の恒常性の維持について     2011.4.20

 トータルフットボールは全員攻撃、全員守備がメインテーマである。
ある瞬間、リスクを犯して、攻撃する必要がある。同時に、犯したリスクの穴埋めの守備も
必要になってくる。ゴールという甘い蜜を得るには、攻撃と守備が同時に汗をかかなければ
ならない。
 具体的に日本代表に例えれば、第1に、左SBの長友がサイドラインを駆け上がった時に、
右SBの内田は、確実に守備を意識しなければならない。リスクを取った結果、
思わぬカウンターを受けて失点しない為には、カバーリングが必要不可欠である。
守備のバランスを欠けば、失点、敗戦に繋がる。第2に、カウンターを受ける事態になった
場合、全員で守備につき、敵の攻撃を防御しなければならない。攻め上がった長友は
できるだけ早く、元のポジションに戻らなければならない。攻守の切り替えが早い現代
フットボールにおいては、様々な判断と運動が複雑に絡み合って起こり、そこに奇跡が
うまれる。これこそがフットボールの醍醐味である。
 体液の恒常性の維持は、このトータルフットボールの原理原則と全く同じである。
人間が生きていく為には、体液を一定に保つ必要がある。人間の体液は体重の
約60%になるが、この基本的な恒常性を維持することで、生存することができる。
 しかしながら、我々人類は常にリスクをとって生きている。
甘い蜜を得る為に、果てない欲望の為に、敵陣まで深く攻め上がる時がある。
 例えば塩分約1.3%のラーメンを食べる時、それはリスクをとった"攻撃"といえる。
血液の塩分濃度は約0.9%であることから、それより0.4%も塩分濃度の濃い食事
をした事になる。人体にとっては明らかに塩分過多であり、恒常性を維持するため
には、早急に塩分濃度を緩和するための措置が必要である。上がった浸透圧を
下げる為の具体的なカバーリングが必要不可欠になる。
 その対処法として、第1に水分を補給する。(内田の)体は、水分をとることで、
体液量が増加し、浸透圧を下げることができる。第2に、失われる水分を抑制することで、
水分を保持することができる。(失われたボールは、全員守備で守らなければならない。)
 具体的には、体内の浸透圧が上がったことを(敵にボールを奪われたことを)
視床下部にある浸透圧受容器が感受し(2列目以下のMF遠藤、DF吉田、他が察知し)、
利尿を抑制するホルモンを分泌する(敵の攻撃を抑えるために追い込みを開始する)。
利尿を抑制するホルモンは下垂体後葉から分泌され、パゾプレッシン(MF遠藤)や
抗利尿ホルモン(DF吉田)が腎臓の集合管の上皮細胞(左サイドライン際)に
作用(追い込み)し、水分の再吸収(戻ってきたSB長友が再捕球)を促進する。
 したがって、トータルフットボールと体液の恒常性の維持の原則は完全にイコールである。
 この戯言を、最後まで読んだ君にリスペクト。
[PR]
by dj_tonk | 2011-04-22 17:36


Copyright ©1997-2007 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム